上司はどこまで部下に心を開くべきか?

2020年11月06日 11:00
カテゴリ: マネジメント

こんにちは、はまだしょうじ社長の浜田です。

今日のお題ですが、上司は部下にどこまで心を開くべきか、というのは、実は書いているこの私が長年悩んできたことでもあります。

前回、部下の悩みを相談しやすい環境を作ろうという内容のブログを書きましたが、部下に安心して相談してもらうには、上司と部下にある程度の信頼関係が必要です。

信頼関係を築くためには、やはりある程度、上司が部下に対して心を開くことが必要です。

とは言っても、ちょっとしたことを言うと、下手すればパワハラ、セクハラ呼ばわりされる時代ですから、どこまで部下に自分の心の中を披露するかについては、かなり悩める話だと思います。

ここまで書いてきて、自分で言うのも何ですが、私のように、「他人がどう思うか?」を気にしすぎるタイプの人は、少々心を開いたとしても、相手が悪いように思うことはほぼありません。
なぜなら、自然と話す時に気遣いが出来ているからです。

問題なのは、思ったことを直情的に、感情的に言ってしまう場合です。
これは、後々問題になります。

同じ内容でも、あまり感情的にならずに、冷静に順序立てて言えば、相手に与える印象が違うのですが、感情的に言ってしまうと、やはり相手が拒否反応を示します。

上司に求められる「心のスキル」として、「感情的にならず、冷静に」「部下の感情に巻き込まれない」。この2つは、どうしても身に着けなければならないスキルです。こういう私も、自分自身で出来ていないので、常日頃から意識はしていますが、なかなか難しい。

しかし、上司(リーダー)をやろうと思えば、これが重要です。
以前のブログでも書いている「共感」と「承認」を上手く使って、部下との関係をより良くしていきましょう。

※ブログの参考にしている「オープニング・アップ」という書籍です。
ご興味があればどうぞ。
https://www.amazon.co.jp/dp/4762821950

このブログが良いと思われた方は
記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)