効率の良い資格試験(それ以外も)勉強法

2021年01月11日 04:13
カテゴリ: その他

こんにちは、はまだしょうじ社長の浜田です。

今日ですが、いつもと全くテーマを変えて、Twitterで私が「効率の良い勉強法」についてツイートしたところ、教えてほしいという要望がありましたので、今回はこれについて書きます。

①買う本は、対象となる資格試験の過去問題集を1冊のみ
②とりあえず、問題を解いてみる。正解不正解は一切無視。
③10問程度解いたら、最初の問題に戻って、もう一度解いてみる。正解と解説を確認する。
④これを10回繰り返す。
⑤これを10問ずつで繰り返す。
⑥問題集の最後まで行ったら、最初から繰り返す。

これをひたすら繰り返してください。

なぜ10問ごとに繰り返すかというと、
・文字や単語に慣れる。
・とにかくアウトプット。

この2つの目的です。

試験というのは、問題を見て正解を選ぶ、あるいは記述することが必要です。
つまり、情報をインプットして、アウトプットをするトレーニングを繰り返すことなんですね。
この癖をつけるのが目的です。はじめのうちは、間違っている、間違っていないはどうでも良いです。

「いきなり問題集見ても、意味がわからないよ!」という方。
それは、参考書を見ても、何を見ても同じこと。
参考書は答えが分かったような気分にはなりますが、頭にほとんど入っていません。
それであれば、本番の試験と同じように問題を解きながら、徐々に必要な単語を覚えたほうが早いです。

仮に、何回問題を解いても、単語や意味がわからないという方は、そこで初めて参考書を買ってください。
問題集を何回も解くことで、自分で分かっていること、分かっていないことがハッキリしているはずです。
そうなってから、参考書を見ると、自分の分からないところが明確なので、頭に入りやすくなります。

決して楽な方法とは言いませんが、インプット・アウトプットを常に繰り返すのが、結局、試験対策の近道です。

このブログが良いと思われた方は
記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)