コミュニケーションが上手く取れない社員、管理職を救います!

当社は、ISOマネジメントシステムとディグラム性格診断により、人事・配属を最適化し、社員同士のコミュニケーションを改善するメソッドをご提供します。

ISOマネジメント+性格診断 全く新しいアプローチ

当社は、組織のマネジメントにおいて、一番改善すべきは、人事・配属の適正化と、管理職や社員同士のコミュニケーションだと考えています。

あなたの組織で、下記のような悩みはありませんか?

◎社員のころは優秀だったのに、管理職(リーダー)になってから伸び悩んでいる…
◎管理職(リーダー)のリーダーシップがない…
◎管理職(リーダー)の長期休職が多い…
◎営業成績の高い社員と低い社員の差が大きい…
◎会議で意見が出ない、出さない社員が多い…
◎トラブルメーカーがいるのでなんとかしたい…
◎特定の個人に仕事があつまってしまう…
◎ルールを軽視する社員が多い…
◎社員が新しいことをしようとしない…
◎やたらと休暇が多い社員がいる…

これらの悩みが、このように変わります!

◎管理職(リーダー)として、積極的な行動に変わる!
◎管理職(リーダー)として、リーダーシップを発揮!
◎管理職(リーダー)の長期休職が減り、職場に活気が戻る!
◎出来る社員のやり方をみんなで共有し、部門全体の成績が上がる!
◎会議が活発化し、生産性が上がる!
◎トラブルメーカーがいなくなり、伸び伸びした人間関係になる!
◎必要な業務を、必要な人数でこなせるようになる!
◎ルールがなぜ必要か理解し、守るようになる!
◎新しいことにも積極的にチャレンジするようになる!
◎社員がなぜ休みたがるかの原因が分かり、笑顔で出社するようになる!

弊社の目指す組織の理想のゴールは、下記イメージの通りです。

管理職、社員は周りからのプレッシャーで押しつぶされそう…。

管理職、社員のチームワークが向上し、生産性が向上!

なぜ、上記のように変わるのか?その秘密を公開!

よくわかる動画を用意しました。下の動画をご覧ください。
※字幕付きですので、音を出せない環境でもご覧頂けます。

なぜ、ISOマネジメントシステムとディグラム診断(性格診断)を組み合わせるのか?

ISOは「国際標準化機構(International Organization for Standardization)」と言い、世の中の様々な物を「標準化」する組織です。非常口のマークやカメラの感度などが有名です。

このISOは、組織のマネジメントシステムについても「標準化」しています。一番有名なのが、「ISO9001シリーズ(品質マネジメントシステム)」です。どのような会社、組織でも、一定レベルの製品やサービスを提供できるよう、組織のマネジメントを「標準化」するための規格です。それ以外にも、ISOには「環境」「食品安全」「情報セキュリティ」など、様々なマネジメントシステムの規格があります。

一方、ディグラム診断は、ディグラム・ラボ株式会社の木原誠太郎氏が、性格診断テストとして定評のあるエゴグラムに、統計学的アプローチを組み合わせて独自に開発した性格診断で、わずか20問、時間にして1〜2分程度で、統計学的根拠のある性格診断ができます。

当社がご提供するメソッドは、この「ISOマネジメントシステム」と「ディグラム診断」の良いところを組み合わせ、管理職、リーダー、社員のコミュニケーションを改善。また、適切な人事・配置転換を提案することで、組織の生産性を上げます。

突然ですが、ここで、少し昔話をさせてください。

そもそもなぜ、このようなことをやろうと思ったか?をお伝えします。

私は、中間管理職として、上司、部下との折衝ごとが大変多い立場でした。
会議も大変多く、司会やまとめ役の立場でしたので、いわゆる、上層部と部下の「板挟み」状態を随分体験しました。まさに、左のイラストのような状態でした。
結果、ストレスを溜め込み、終いには体に異常が出るところまで行きました…。

そんな中、ひょんなことで、「ディグラム診断」をやっている木原誠太郎氏と出会ったのです。

私は、性格診断が大好きで、ディグラム診断も昔から知っていましたが、ある日偶然、そのディグラム診断の資格が取れるというメールマガジンを目にし、説明会に参加して、即断即決で「ディグラム診断」を木原氏の元で勉強することにしたのです。

木原氏の懇切丁寧な指導もあり、ディグラム診断が、組織を円滑に回すのに、とても有用であることがわかりました。そして、私自身、組織の中では非常に板挟みになりやすい性格であり、それを変えるにはどうすれば良いかも、深く理解が出来ました。

そして、この経験を通じて感じたのは、前の私と同じ立場の中間管理職だけでなく、経営者、末端の社員に、自分の性格を理解してもらい、自分を変えるにはどうすれば良いかを考えてもらうことが、従業員一人一人の意識向上につながり、ひいては組織の活性化につながるということです。

そこで、「このノウハウを、組織に活かせば、より生産性が上がる」と考え、コンサルティング業に乗り出すことにしたのです。

では、ここから下は、当社の大事なノウハウの
一部を特別に公開します!

組織改善のために明確にするポイントを5つご紹介します。

社員それぞれの性格の「特徴」を明確にする。

性格にはそれぞれ特徴があります。ディグラム性格診断を、組織の一人一人に受けていただき、特徴を把握した後、その特徴を最大限パフォーマンスに活かすためにはどうすれば良いかを提案し、それを標準化して「仕組み化」することをお手伝いします。

性格診断の結果の結果と、組織内の評価から、組織が求める人物像を明確にする。

性格診断の結果と、組織内の評価(人事考課等)の結果を見て、組織が求める人物を明確にし、今後の採用、人事、異動、部署新設等に参考となるデータを提供します。

管理職、リーダーに求められる理想の性格を明確にする。

管理職、リーダーの場合には、単に「実務ができる」だけでは問題があります。組織やグループを統括・管理する必要があり、そのために理想となる性格の形があります。管理職・リーダーの人、または管理職・リーダーを目指す人が何をすれば良いかを提案します。

コミュニケーションの目的、方針、目標を明確にする。

最近は、あらゆるハラスメントが問題となっていますが、なぜハラスメントが起きるのかといえば、管理職・リーダーと社員、または社員同士で、「何が目的でコミュニケーションを取るのか」が明確になっていないことが一番に挙げられます。ISOマネジメントシステムの考え方を応用し、コミュニケーションの「目的・方針・目標」を明確化することで、ハラスメントをなくし、組織全体の効率良いコミュニケーションを確立するお手伝いをします。

「交流分析」を応用し、どのようにコミュニケーションを取るべきかを明確にする。

ディグラム診断の基となっているのは「エゴグラム」という性格診断ですが、この「エゴグラム」は、「交流分析」という、エリック・バーンという精神科医が提唱した心理学分析の一部です。この「交流分析」を応用して視覚化することで、最適なコミュニケーションの取り方をご提案します。

ISOマネジメントシステム+ディグラム診断を組織に活かしたい方へ

経営者・部門責任者・人事担当の皆様、このような悩みがありませんか?

◉今まで、いろいろなコンサルティングを受けたが、全然成果が出ていない。
◉ハラスメントの相談が絶えない。
◉見込んだ社員を配属しても、結果が出ない。
◉リーダーにリーダーシップがない。
◉社員を同じように教育しているのに、成果に差が出る。

上記のような課題解決のためにご提供するメソッド

ディグラム分析は、組織を分析して、人事・配属を最適にし、コミュニケーションを改善の手がかりとして非常に有効なツールです。以下に、具体的にご提供するメソッドをご案内します。

(1)組織分析

①従業員全員に、最新の質問事項によるディグラム分析を実施します。
②結果を集計し、日本の平均と比較します。それにより、組織の傾向が分かります。
③組織の考察と、簡単な改善提案をご提供します。部署ごとの傾向も分かります。

※組織全体の分析の結果をグラフにした例。

(2)組織改善

①組織内の人事考課を拝見し、評価されている方の性格傾向=組織が望んでいる性格を割出します。
②新しい人材を採用時、どのような性格の人を採用すべきかご提言します。
③現在の組織において、より良くするための人事異動案をご提供します。

左図は、ある組織の性格分析を実際に分析した結果です。組織全体あるいは部署ごとに、所属する管理職・リーダー、社員の性格と、組織ごと・部署ごとの傾向を分析し、より良い配属を提案します。

また、現状から、どのような性格の人を採用または配属するのが望ましいのかも併せて提案いたします。

(3)コミュニケーション改善

①従業員に性格のフィードバックを行います(行う範囲は協議させて頂きます)。
②性格ごとに、コミュニケーションを取るときの注意点をお示しします。
③コミュニケーションの目的・方針・目標を明確にし、交流分析の考え方も取り入れたコミュニケーションを指導します。情報の伝播効率の向上や、ハラスメントにならないコミュニケーションを目指します。
④社内会議や、コミュニケーションの場に実際に出席し、具体的な提言を行います。

まずは、お問い合わせください。

あなたの組織も、ディグラム診断による組織診断をしてみませんか?
コンサルティング料については、組織の大きさ、人数やコンサルディング内容(分析のみの場合や、教育等を行う場合)などにより異なります。まずは組織分析だけ、対象の社員の方一人当たり10,000円〜程度で承ることも可能です。

具体的な内容は打ち合わせ(遠隔、オンライン(Zoom等)でも可能)をさせていただき、最適なプランをご提案いたします。
まずは、お電話(0859-59-9145 受付時間平日9:00〜18:00)、または下記の「性格診断に関するお問い合わせはこちら」より、お気軽にお問い合わせ下さい。

powered by crayon(クレヨン)